ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

 

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    2017年 第3回 無作為抽出は難しい

    アンケートを取る場合、極力偏りを少なくするために無作為抽出という手法がとられています。しかし人が相手である場合、無作為抽出をもってしても全く偏りをゼロにするのは困難です。例として質問に答えてくれる人と、無視する人。そこには一定の偏りがあることが考えられます。

    担当
    有田 宏
  • テーマ
    2017年 第3回 10年でもらえる年金

    2017年8月から、「10年でもらえる年金」がスタートします。これまで老後の年金をもらうには、保険料を納めるなどの準備期間が原則25年必要でしたが、10年に短縮されます。今まで期間不足でもらえなかった人も、10年を満たしていれば8月以降(9月分から)年金をもらえるようになります。関係ないと思っているあなたにも関係があるかもしれません。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2017年 第2回 あなたの回答、誘導されていませんか?

    街頭やネット、電話などでアンケートに回答された方も多いだろうと思います。市民の声を公平に集めようとしているアンケート。しかし、質問項目の組み方次第で回答を誘導することは可能です。回答項目が、”大いに賛成” ”賛成” ”どちらかと言えば賛成”の3択などの、とんでもない方法ではなくとも。

    担当
    有田 宏
  • テーマ
    2017年 第2回 パートとしての働き方と年金

    2016年10月から大企業で働くパートタイマーに対する健康保険・厚生年金の加入が拡大されました。2017年4月からは、事業主とそこで働く人の2分の1以上の同意が得られれば中小企業で働くパートタイマーも加入となります。パートタイマーの加入の範囲が拡大され、「106万円の壁」ができたと言われています。健康保険や厚生年金の加入をめぐって、106万円、130万円といった壁がありますが、その内容にやさしく迫ります。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2017年 第3回  住宅ローンで総返済額を少なくするには?知っておきたい金利のしくみ

    このコラムでは銀行員時代に学んだ、銀行にありがちで陥りがちな「銀行あるある」の教訓を連載でお伝えします。第3回は住宅ローンでの銀行あるあるです。家をローンで買う場合、必ず関わってくるのが銀行。住宅ローンは金利ひとつで総返済額が大きく変わります。それにも関わらず案内されたままにローンを組んでそのままという人も少なくないのでは?銀行でお客様の陥りやすい事例を交えながら、住宅ローンの金利で気を付けるポイントをお伝えします。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2017年 第3回 個人型確定拠出年金~ツマズキポイントをクリアし、始めてみよう(その1)

    2017年のコラムは50代に必要なお金の話です。65歳でリタイアするなら最大15年。この時期はその後の人生のおいて大切な時期です。前回は、50代ならではの個人型確定拠出年金(以下iDeCo)の活用方法を見ていきました。今回は、加入を検討している方に向けた具体的な始め方を見ていきます。iDeCoを始めたいけど、申込から運用開始までハードルが高いと感じている方は多いはず。つまずきやすいポイントを整理しながらみていきましょう。今回は、運営管理機関の決め方です。

    担当
    中村 真佐子
  • テーマ
    2017年 第1回 人の脳は歳とともに衰えてしまうのか

    私はファイナンシャル・プランナーとして約20年、資産運用や住宅ローンなどを中心テーマに、相談業務や原稿執筆、セミナー講師等に従事してきましたが、2年ほど前から、アクティブ・ブレイン・セミナー(ABS)という記憶法セミナーの認定講師としての活動も始めました。ABSは、脳の仕組みや使い方を知ることで飛躍的に記憶力が上がることを体験できるセミナーです。記憶力が上がると自分に自信が持てます。自信が持てると自己肯定感も高まり、やる気が出ます。やる気が出るとライフプラン(夢)の達成確率が飛躍的に上がります。このコラムでは、ライフプランを達成するための脳の使い方や記憶の仕組みなどを月1回のペースで紹介していきますので、FP的なお金の面からのアプローチとは少し違った視点をお楽しみいただければと思います。

    担当
    菱田 雅生
  • テーマ
    2017年 第1回 統計で人を騙すには

    「数字は嘘をつかない!」という言葉が有りますが、実際は数字もなかなかの曲者です。確かに数字は、言葉に比べ過ちも明確になり易いですが、数字の測定、加工、分析、判断の各段階で不適切の手法を取ると誤った結論に達することも有ります。そこでは数字は嘘をつきます。言葉を少し変えれば「数字は嘘をつかないが、数字に嘘を込めることは出来る!」でしょうか。

    担当
    有田 宏
  • テーマ
    2017年 第1回 60歳以降の働き方と年金・雇用保険

    老齢厚生年金の支給開始年齢は生年月日によってだんだんと遅れていきます。65歳前に年金がもらえない、あるいは65歳前に年金がもらえる人も年金だけでは生活できないということで、働き続ける人はさらに増えていくでしょう。そこで60歳以降の働き方と年金や雇用保険についてお話しします。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2017年 第2回 投資信託で知らぬ間に損してた?

    このコラムでは銀行員時代に学んだ、銀行にありがちで陥りがちな銀行商品における「銀行あるある」の教訓から金融商品との付き合い方をお伝えします。第2回は投資信託での銀行あるあるです。馴染みのある銀行で投資信託を始めたいと考える人もいるでしょう。しかし銀行で取り扱っている商品とはいえ投資信託はリスク商品、損することもあります。銀行でお客様が陥りやすい事例をもとに投資信託取引時の気を付けるポイントを見ていきましょう。

    担当
    松原 季恵

オフィシャルパートナー

新着情報

2017.06.20
2017年6月20日分のマイアドバイザーコラムを2本UPしました。
詳しくはコチラ
2017.04.24
【ご報告】
記念すべき12周年を迎えた今月10日、マイアドバイザーは、閲覧総数(ユニークユーザー数)400万人を達成することができました。
また、1日平均の閲覧総数(ユニークユーザー数)も5,000人超になっております。
SEO対策などWeb上の誘導政策を取っていないサイトとしては、よく見て頂いているFPサイトなのではないか?と感じております。
今後もみなさんのご指導&ご鞭撻の程を宜しくお願いいたします。
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘
2017.04.10
【ご報告】
マイアドバイザーは、本年4月1日に始動から丸12年目を迎えることができました。
みなさまには今後もご指導&ご鞭撻の程を宜しくお願いいたします。
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション