ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

 

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    FPの視点から見た住宅購入のポイント紹介

    住宅購入について検討すべき ポイントはたくさんあります。 今回は、お子様が住宅購入する場合の資金援助の方法について基本的なポイントをご紹 介します。

    担当
    猪股 豊
  • テーマ
    日頃から考える人生のゴール(FP編)

    あってはならないことなのですが、誰でもいつか必ず向き合わなければならないこと。それが今回のご相談 のテーマでした。舞亜土良夫さんご一家は、ご家族で力を合わせ、まずはご主人のご病気を乗り切ることができま した。本当によかったですね。

    担当
    西谷 由美子
  • テーマ
    退職後の趣味を楽しみたい(1)・・・舞亜土太郎さんのプロフィール

    舞亜土太郎さんの場合。「老後は趣味に生きたいけれど、将来の事なんか良く分からない」「今は子供の教育費 や住宅ローンで手一杯」とりあえず今の生活を続け、余裕ができたら考えようとしていませ んか? そのようなご家庭が、未来に希望を持ちたくて、ファイナンシ ャルプランナーに有料相談した場合の事例を掲載していきます。

    担当
    マイアドバイザー 全体
  • テーマ
    退職後の趣味を楽しみたい(2)・・・舞亜土太郎さんの問題点

    舞亜土太郎さんの場合。「老後は趣味に生きたいけれど、将来の事なんか良く分からない」「今は子供の教育費 や住宅ローンで手一杯」とりあえず今の生活を続け、余裕ができたら考えようとしていませ んか? そのようなご家庭が、未来に希望を持ちたくて、ファイナンシ ャルプランナーに有料相談した場合の事例を掲載していきます。

    担当
    マイアドバイザー 全体
  • テーマ
    退職後の趣味を楽しみたい(3)・・・舞亜土太郎さんの対策案(資産運用考慮なし)

    舞亜土太郎さんの場合。「老後は趣味に生きたいけれど、将来の事なんか良く分からない」「今は子供の教育費 や住宅ローンで手一杯」とりあえず今の生活を続け、余裕ができたら考えようとしていませ んか? そのようなご家庭が、未来に希望を持ちたくて、ファイナンシ ャルプランナーに有料相談した場合の事例を掲載していきます。

    担当
    マイアドバイザー 全体
  • テーマ
    退職後の趣味を楽しみたい(4)・・・舞亜土太郎さんの対策案(資産運用考慮あり)

    舞亜土太郎さんの場合。「老後は趣味に生きたいけれど、将来の事なんか良く分からない」「今は子供の教育費 や住宅ローンで手一杯」とりあえず今の生活を続け、余裕ができたら考えようとしていませ んか? そのようなご家庭が、未来に希望を持ちたくて、ファイナンシ ャルプランナーに有料相談した場合の事例を掲載していきます。

    担当
    マイアドバイザー 全体
  • テーマ
    母親の介護が必要になった(1)・・・自分一郎さんのプロフィール

    望まざるとも親が介護の必要な状態になったとき、普通は育ててくれた親や義理の親への感謝の気持ちを込めて介護を始めます。しかし、介護は先が見えないことも多く、期 間が長くなるほど肉体的にも精神的にも大変な負担が積みあがっていきます。 公的介護保険の規定する要介護状態であれば、在宅サービス、通所サービス、短期入所 サービスなどを受ける事もできますが、特別養護老人ホームなどのずっと施設で生活する ようなサービスの利用は狭き門となっています。そのため、1人暮らしの親に介護が必要 になると、民間の有料老人ホームなども検討されるケースが多いようです。 そのような時、 介護を受ける人や家族の「気持ち」と同時に「資金」も判断材料になってきます。そのため、 親の世話をするご家族は、自分達の老後資金も含めた資金計画に悩んでいます。 このようなお悩みをもったご夫婦が、資金不安を払拭するために、フ ァイナンシャルプランナーに相談した事例を掲載していきます。

    担当
    マイアドバイザー 全体
  • テーマ
    母親の介護が必要になった(2)・・・自分一郎さんの問題点と対策案

    望まざるとも親が介護の必要な状態になったとき、普通は育ててくれた親や義理の親への感謝の気持ちを込めて介護を始めます。しかし、介護は先が見えないことも多く、期 間が長くなるほど肉体的にも精神的にも大変な負担が積みあがっていきます。 公的介護保険の規定する要介護状態であれば、在宅サービス、通所サービス、短期入所 サービスなどを受ける事もできますが、特別養護老人ホームなどのずっと施設で生活する ようなサービスの利用は狭き門となっています。そのため、1人暮らしの親に介護が必要 になると、民間の有料老人ホームなども検討されるケースが多いようです。 そのような時、 介護を受ける人や家族の「気持ち」と同時に「資金」も判断材料になってきます。そのため、 親の世話をするご家族は、自分達の老後資金も含めた資金計画に悩んでいます。 このようなお悩みをもったご夫婦が、資金不安を払拭するために、フ ァイナンシャルプランナーに相談した事例を掲載していきます。

    担当
    マイアドバイザー 全体
  • テーマ
    自転車店(自営業)を営む(1)・・・舞亜土三郎さんのプロフィール

    舞亜土三郎さんの場合。自営業者には、一生働き続けたい人と思っている人がいる反面、引退年齢を決めて計 画的に引退を考えている人や65歳になり老齢基礎年金(国民年金)の給付をきっかけとし て引退について考え始める人など、いろいろな人がいます。引退を考えた時、経営状態が 良く、店を継いでくれるお子さんがいれば、それほど悩まずにすむのかもしれません。 しかしながら、時代と共に移り変わる消費者のニーズの影響や昨今の景気情勢の影響で 経営状態が悪化しているケースや、子どもが家業を手伝わずに会社員として就職している ケースなども多く、なかなかご希望通りの引退にはならないようです。 年金を受け取り始めたからと個人商店を廃業すると、その後の収入が老齢基礎年金(国 民年金)に限られるケースが多く、毎月多額の貯蓄を切り崩す生活になっているようです。 そのため、ある程度の貯蓄があったとしても、それで生涯不足しないかという大きな不安を 感じています。そのため、悩みはするもののなかなか引退には踏みきれないようです。 このような悩みをもちつつ、一人娘が結婚についても悩んでいる自営 業者のご夫婦が、問題を解決できないかとファイナンシャルプランナーに相談した事例と 関連コラムを掲載していきます。

    担当
    マイアドバイザー 全体
  • テーマ
    自転車店(自営業)を営む(2)・・・舞亜土三郎さんの問題点と対策案(1)

    舞亜土三郎さんの場合。自営業者には、一生働き続けたい人と思っている人がいる反面、引退年齢を決めて計 画的に引退を考えている人や65歳になり老齢基礎年金(国民年金)の給付をきっかけとし て引退について考え始める人など、いろいろな人がいます。引退を考えた時、経営状態が 良く、店を継いでくれるお子さんがいれば、それほど悩まずにすむのかもしれません。 しかしながら、時代と共に移り変わる消費者のニーズの影響や昨今の景気情勢の影響で 経営状態が悪化しているケースや、子どもが家業を手伝わずに会社員として就職している ケースなども多く、なかなかご希望通りの引退にはならないようです。 年金を受け取り始めたからと個人商店を廃業すると、その後の収入が老齢基礎年金(国 民年金)に限られるケースが多く、毎月多額の貯蓄を切り崩す生活になっているようです。 そのため、ある程度の貯蓄があったとしても、それで生涯不足しないかという大きな不安を 感じています。そのため、悩みはするもののなかなか引退には踏みきれないようです。 このような悩みをもちつつ、一人娘が結婚についても悩んでいる自営 業者のご夫婦が、問題を解決できないかとファイナンシャルプランナーに相談した事例と 関連コラムを掲載していきます。

    担当
    マイアドバイザー 全体
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2019.01.15
【講演会のご案内】
登録メンバーの 佐藤益弘氏 が、2月8日(金) に 毎日新聞主催 朝日新聞後援「今考えたい!後悔しない土地活用 賃貸住宅経営のリスクと対策セミナー」にて講演を行います。
2019.01.01
【新年のご挨拶】
2019年・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
マイアドバイザーもサイト誕生から14年(現在の体制になり12年目)になりました。
今年は元旦より、運営者である㈱優益FPオフィスの佐藤益弘氏が朝日新聞の誌上にてコメントをの弁させて頂いております。
今年のテーマは「変化」です。出来るだけ早く新たなフィールドに進めるよう精進しますので、ご期待下さい。
今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2018.12.29
【年末のご挨拶】
2018年・・・今年1年、マイアドバイザーをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。感謝申し上げます。
今年はマイアドバイザーにとっては、熟考し、正直あまり動く事ができなかった一年でした。
そんな中、総PV(ページビュー)数が「4,000万PV」に達成し、また、閲覧総数(ユニークユーザー数)も700万人に達成することができました。
SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしてきて、12年。
登録者の入れ替わりが進む中、倫理面が重視される昨今の世の中で、多くのみなさんに支持頂いているようで、感謝の言葉しかありません。
そんなマイアドバイザーですが、来年以降も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。 また、来年!
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション