ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

- イメージ図で理解すると投資指標って簡単!

2015年 第8回 財務諸表を理解しよう!キャッシュフロー計算書編(3)
伊藤 美恵  ⇒プロフィール

せっかく参加した株式セミナーで、聞いたことに対して理解出来ないと感じたことはありませんか?その原因のひとつが、実は投資指標なのです。投資指標が理解出来るだけで、難しいと感じるハードルは、ずっと低くなります。では、どうしたら、投資指標を理解出来るのでしょうか?投資指標を理解するためのキーポイントは、財務諸表を理解するのが近道です。今回はフリーキャッシュフローについて、学んでみましょう。

フリーキャッシュフローとは?

キャッシュフローを見る上で、重要なのがフリーキャッシュフローです。なお、フリーキャッシュフローとは、営業キャッシュフローから投資キャッシュフローを差し引いて求められます。

 
   

 

 

 

 

少し、投資について勉強した方は、フリーキャッシュフローが重要であることを聞いたことがある方もいらっしゃることでしょう。しかし、キャッシュフローには3種類あるのに、フリーキャッシュフローには、営業キャッシュフローと投資キャッシュフローしか出てまいりません。財務キャッシュフローだけが、なぜ仲間外れなのか不思議に思ったことはありませんか。そして、なぜフリーキャッシュフローが重要と言われるのだろうと疑問に思ったことは有りませんか?

 

実は、これには理由があったのです。フリーキャッシュフローは、フリーと名前が付く通り、企業が自由に使えるお金のことです。つまり、営業キャッシュフローから投資キャッシュフローを差し引いてプラスになった場合は、自由に使えるお金があるということを示し、更に企業の将来のために投資に回したり、財務キャッシュフローの改善にも使えるということです。そのため、フリーキャッシュフローの計算には、財務キャッシュフローが含まれていないのです。

 

一方、フリーキャッシュフローがマイナスの場合は、企業の将来のために更に投資に回すことが難しいこと、財務キャッシュフローの改善にお金が使えないということを指します。つまり、資金繰りをしないといけないことを指します。借入金を返すため、また借入をする必要があるということです。

 

フリーキャッシュフローのイメージ図で確認しよう

下記のフリーキャッシュフローのイメージ図で確認すると、更に理解力が進むでしょう。

 

 

 

前々回に、営業キャッシュフローは本業で稼ぎだしたお金だとお話しましたね。そして、前回、投資キャッシュフローは設備投資や株式取得など、投資活動に関わるお金だとお話しました。繰り返しとなりますが、フリーキャッシュフローとは、営業キャッシュフローから投資キャッシュフローを差し引いたものです。そもそも、本業で生み出した営業キャッシュフローがマイナスであれば、フリーキャッシュフローは生まれてきません。

 

フリーキャッシュフローがプラスであるというのは、本業できちんと稼ぎ出すことが出来ている証であり、更に将来に対して投資を行っても、お金が余っているということなのです。

 

この余ったお金をフリーキャッシュフローと言い、このお金は更に投資に充てることも出来ますし、財務キャッシュフロー改善のために、借入金の返済に利用することも出来ます。更に株主への配当として還元することも出来ますし、企業の将来の備えのために手元に残すことも出来る訳です。フリーキャッシュフローがプラスの企業は、余裕を持って経営が出来ることに繋がりますから、フリーキャッシュフローが重要だという理由もご理解頂けたのではないでしょうか。

 

ただし、例外もあります。企業によっては、一時期、フリーキャッシュフローがマイナスになることもあります。例えば、経営戦略として、経営店舗を急激に拡大させる場合などが、これにあたります。例えば、人気カフェチェーンが、新規オープンを毎年5店舗していたとします。ただし、これからは郊外にも進出しようと思い、今年は50店舗オープンさせようとした場合などがこれにあたります。つまり将来、営業キャッシュフローを増やすために先行投資をしたことが、この例です。この場合、単年度で見ると、営業キャッシュフローよりも投資キャッシュフローが上回り、フリーキャッシュフローがマイナスになることもあります。この場合は、翌年からの動向についても追いかけていく必要がありますね。

 

なぜフリーキャッシュフローが重要なのかについての理解が出来ると、有価証券報告書を見ることも楽しくなりますね。

 

次回から、ついに、投資指標について入ってまいります。次回までに、貸借対照表と損益計算書のコラムを復習してみてね。来月は、株価収益率(PER)についてお話致します。

 

⇒伊藤 美恵のコラム一覧へ

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2019.01.15
【講演会のご案内】
登録メンバーの 佐藤益弘氏 が、2月8日(金) に 毎日新聞主催 朝日新聞後援「今考えたい!後悔しない土地活用 賃貸住宅経営のリスクと対策セミナー」にて講演を行います。
2019.01.01
【新年のご挨拶】
2019年・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
マイアドバイザーもサイト誕生から14年(現在の体制になり12年目)になりました。
今年は元旦より、運営者である㈱優益FPオフィスの佐藤益弘氏が朝日新聞の誌上にてコメントをの弁させて頂いております。
今年のテーマは「変化」です。出来るだけ早く新たなフィールドに進めるよう精進しますので、ご期待下さい。
今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2018.12.29
【年末のご挨拶】
2018年・・・今年1年、マイアドバイザーをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。感謝申し上げます。
今年はマイアドバイザーにとっては、熟考し、正直あまり動く事ができなかった一年でした。
そんな中、総PV(ページビュー)数が「4,000万PV」に達成し、また、閲覧総数(ユニークユーザー数)も700万人に達成することができました。
SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしてきて、12年。
登録者の入れ替わりが進む中、倫理面が重視される昨今の世の中で、多くのみなさんに支持頂いているようで、感謝の言葉しかありません。
そんなマイアドバイザーですが、来年以降も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。 また、来年!
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション