ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

- 2018年第1回 CFP試験(不動産)

感想 その5 問4(問題13~16) 不動産の売却
佐藤 益弘  ⇒プロフィール

今回は、問4(問題13~16)についての感想になります。

このコラムは、株式会社優益FPオフィスのFacebookページで掲載されたコメントを転記しています。
 
2018年第2回 不動産運用設計のCFP試験対策講座の講師を担当する 優益FPオフィスの佐藤益弘(よしひろ)です。

今回は、問4(問題13~16)についての感想になります。
 
この問題群は、定番の「不動産の売却」がテーマでした。
 
家族(世帯)構成の変化による自宅の住み替え、また、特に近年は空き家問題の顕在化から、お客さまから空き家になっている実家の処分について、FP実務上でも問合せを受けることが増えています。

ですから、CFP試験では必ず出題されるテーマです。

AFP試験対策講座の知識が定着し、イメージできていれば、解答を導くのは難しくない領域の問題です。
 
また、この分野は2020年以降の民法改正によりルール変更が予定されている領域になります。
そういう意味からもこれらの知識・情報を持てないと、FP実務をしていくのに支障が出る可能性があります。
 
問題13は「広告」、問題14は「宅建業者の規制」、問題15は「品確法」、問題16は「瑕疵担保責任履行法」について確認する問題でした。
 
試験対策的には知識問題が中心で、AFPレベルを少し深掘りさせた問題になります。
 
問題13、問題14は定番化している領域の問題なので、過去問演習と周辺知識の確認ができれば解答可能な分野です。
問題15、問題16は、AFP試験対策講座では名前ぐらいを聞いた程度で、スルーされている部分だと思いますが、実務では重要な・瑕疵担保=不良品を売った場合の問題が出題されました。
 
CFP試験はAFP試験のように「知っている」というレベルではなく、「理解している」という点を確認されます。
 
ただ、私自身の経験上からも、自分自身の専門領域や好きな領域以外のFP知識を深めるのは、その守備範囲の広さから難儀です。

是非、あなた自身に合った学び方を見つけて下さい。
 
 
FP関連講座のご案内にて、講座をご紹介しています。
よろしければ、是非!
 
以上、次回に続く!
 
 
※このコラムは、2018年9月1日を基準に執筆されています。
2018© 株式会社優益FPオフィス

⇒佐藤 益弘のコラム一覧へ

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2019.01.15
【講演会のご案内】
登録メンバーの 佐藤益弘氏 が、2月8日(金) に 毎日新聞主催 朝日新聞後援「今考えたい!後悔しない土地活用 賃貸住宅経営のリスクと対策セミナー」にて講演を行います。
2019.01.01
【新年のご挨拶】
2019年・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
マイアドバイザーもサイト誕生から14年(現在の体制になり12年目)になりました。
今年は元旦より、運営者である㈱優益FPオフィスの佐藤益弘氏が朝日新聞の誌上にてコメントをの弁させて頂いております。
今年のテーマは「変化」です。出来るだけ早く新たなフィールドに進めるよう精進しますので、ご期待下さい。
今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2018.12.29
【年末のご挨拶】
2018年・・・今年1年、マイアドバイザーをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。感謝申し上げます。
今年はマイアドバイザーにとっては、熟考し、正直あまり動く事ができなかった一年でした。
そんな中、総PV(ページビュー)数が「4,000万PV」に達成し、また、閲覧総数(ユニークユーザー数)も700万人に達成することができました。
SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしてきて、12年。
登録者の入れ替わりが進む中、倫理面が重視される昨今の世の中で、多くのみなさんに支持頂いているようで、感謝の言葉しかありません。
そんなマイアドバイザーですが、来年以降も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。 また、来年!
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション