ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

- 2018年第1回 CFP試験(不動産)

感想 その6 問5(問題17~19) 不動産登記=調査
佐藤 益弘  ⇒プロフィール

今回は、問5(問題17~19)についての感想になります。

このコラムは、株式会社優益FPオフィスのFacebookページで掲載されたコメントを転記しています。
 
2018年第2回 不動産運用設計のCFP試験対策講座の講師を担当する 優益FPオフィスの佐藤益弘(よしひろ)です。

今回は、問5(問題17~19)についての感想になります。
 
この問題群は、定番の「不動産登記=調査」がテーマでした。

不動産調査は、定量調査と定性調査に分けられます。
定量調査は登記や地図など書面から情報整理をすること、その情報に基づき行われる定性調査は、現地調査など実際に足を運んで確認する作業です。
 
通常、宅建業者さんにお任せする部分ですが、最低限の知識・技能は知っておく必要があります。
 
ですから、CFP試験では必ず出題されるテーマです。
 
試験対策的には知識問題が中心で、AFPレベルか少し発展させた問題になります。
 
問題17は「登記など調査」、問題18は「抵当権」、問題19は「競売」について確認する問題でした。
 
問題17は定番化している問題ですから、落とすと合格には痛い問題です。
問題18、19もAFP試験対策講座などでは時間の関係からスルーされるケースが多いと思います。
ただ、実務上では知っておいて欲しい領域の問題なので、何度か類似問題が出題されています。

例えば、問題18の「抵当権」については、借入などをする際、必要になる知識です。
昨年(2017年5月)の民法改正(債権)では個人保証の部分が改正されたので、「抵当権」だけでなく、後日お伝えする「連帯保証」も含めた「担保」の領域は是非、抑えておきたい知識ですね。
 
ぜひ、過去問から周辺知識への理解も深めて下さい。
 
 
FP関連講座のご案内にて、講座をご紹介しています。
よろしければ、是非!
 
以上、次回に続く!
 
 
※このコラムは、2018年9月1日を基準に執筆されています。
2018© 株式会社優益FPオフィス

⇒佐藤 益弘のコラム一覧へ

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.12.06
【ご報告】 2018年12月4日、マイアドバイザーは、閲覧総数(ユニークユーザー数)700万人を達成することができました。 SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしています。 倫理面が重視される世の中で、特に、ここ数年は大変多くの勉強をさせて頂いており、閲覧頂いてみなさん、また、現在関わってくれているみなさんももちろんですが、以前関わって頂いていたみなさんにも感謝で一杯です。 今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。 マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘
2018.09.10
セミナー情報 【実務家FPによる CFP®試験対策講座(金融)】、【実務家FPによる CFP®試験対策講座(不動産)】 をUPしました。
詳しくはコチラ
2018.09.06
北海道で発生した地震の影響により被害を受けられました皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション