ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

- 2018年第1回 CFP試験(不動産)

感想 その8 問7(問題23~26) 賃貸経営:借家(借地借家法)
佐藤 益弘  ⇒プロフィール

今回は、問7(問題23~26)についての感想になります。

2018年第2回 不動産運用設計のCFP試験対策講座の講師を担当する 優益FPオフィスの佐藤益弘(よしひろ)です。

今回は、問7(問題23~26)についての感想になります。
 
この問題群は、「賃貸経営:借家(借地借家法)」をテーマにした問題でした。
 
ある意味、不動産運用設計という分野は、自分の保有している遊休資産(不動産)を賃貸借などして有効活用する=節税などをしながら、現金収入を得て儲ける=賃貸経営をするというのが主なテーマです。
ですから、不動産の貸し借りのルールである「借地借家法」とその周辺知識は絶対に外せない必須の知識になります。
 
なので、CFP試験では必ず出題されるテーマです。
 
試験対策的には知識問題が中心で、AFPレベルか少し発展させた問題になります。
 
今回の試験では、問題23は「借家契約の終了・更新」、問題24は「借家契約」、問題25は「連帯保証」、問題26は「売買と賃貸の対抗」について出題されました。
 
繰り返しになりますが、何度も出題されている実務的にも大切な知識を問うています。
 
特に、問題26の「連帯保証」についてはAFP試験対策講座では時間の関係でスルーされる内容だとは思いますが、借入などをする際、必要になる知識です。
 
また、昨年(2017年5月)の民法改正(債権)では個人保証の部分が改正され、2020年4月以降施行されます。
「連帯保証」だけでなく「抵当権」も含めた「担保」の領域は実務上も変更点があると思いますので、抑えておきましょう。
 
どの問題もAFP試験対策時点でしっかりとした理解ができていたり、過去問演習をしっかりしていれば、解答は容易だったと思います。
 
 
FP関連講座のご案内にて、講座をご紹介しています。
よろしければ、是非!
 
以上、次回に続く!
 
 
※このコラムは、2018年9月1日を基準に執筆されています。
2018© 株式会社優益FPオフィス

⇒佐藤 益弘のコラム一覧へ

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.12.06
【ご報告】 2018年12月4日、マイアドバイザーは、閲覧総数(ユニークユーザー数)700万人を達成することができました。 SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしています。 倫理面が重視される世の中で、特に、ここ数年は大変多くの勉強をさせて頂いており、閲覧頂いてみなさん、また、現在関わってくれているみなさんももちろんですが、以前関わって頂いていたみなさんにも感謝で一杯です。 今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。 マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘
2018.09.10
セミナー情報 【実務家FPによる CFP®試験対策講座(金融)】、【実務家FPによる CFP®試験対策講座(不動産)】 をUPしました。
詳しくはコチラ
2018.09.06
北海道で発生した地震の影響により被害を受けられました皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション