ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

趣味・余暇コラム - フランス気分

2011年 第12回 自転車専用レーン
横川 由理  ⇒プロフィール

東京都では自転車専用レーンを設置することを発表しました。日本の自転車専用レーンは青。フランスは緑。どんなしくみになっているのかしら。

歩道を走る自転車と歩行者の事故が多発していることもあり、警視庁は、自転車専用レーンを東京都内で設置することを発表しました。

 

そもそも、自転車が歩道を走るというのも、日本では車の方が強いから!

車が怖いので、私を含めた皆さんは歩道を走っているのだと思います。

去年、車を売ってしまったこともあり、もっぱら私は自転車ドライバー。

 

買い物をするときは、自転車に積めるだけしか買えないし、

エコだし、節約にもなりますよ。

 

でも、中にはちょっとこわいドライバーがいるのも事実。

気をつけて走らなければなりません。

 

フランスでは、車よりも歩行者のほうが優先されます(もちろん日本もですが)。

横断歩道のないところであっても、道を渡ろうとしていると車は止まってくれます。

日本で横断歩道であっても、滅多に止まってくれませんね。

 

とはいえ、歩行者に優しいフランス人であっても、自転車に対してはちょっと厳しいようです。

こんな事情から自転車専用レーンが登場したのでしょう。

 

パリでは、自転車専用レーンのあるところ以外は車道を走らなければなりません。

もちろん、歩道は通行禁止です。

右側通行ですから、左折をするときには、

手信号を出して交差点の真ん中を車と一緒に走り抜けます。

 

日本と同じく、曲がる方の手を斜めに出します。

ちょっと怖いと感じてしまいますね。

そう、車には死角があるので気をつけなければなりません。

端っこを目立たないように走るより、堂々と車道の真ん中あたりを走りましょう。

 

パリでは自転車専用レーンとバス専用レーンがあります。

一部では、なんと車が入り込めないように、幅40センチ、高さ15センチほどのセメント製土手を設置!

さらに、専用レーンの幅を広くしています。

 

道路の幅は決まっていますから、割りを食ったのは車道。

狭くなったせいで一方通行になってしまった道路もあるのです。

 

事故が起こらないように、いろいろな工夫をしているわけです。

日本が道路に青い線を引いただけの自転車専用レーンを作っただけで、

満足をしないようにしてほしいものですね。

 

パリに行ったら、自転車で回るツアーをおススめ。

パリは約105㎡と狭いため、自転車でも効率的に回ることも可能です。

もちろん、日本語ガイドがつきますよ。

さらに、電動自転車だから疲れることもなく、安心です。

⇒横川 由理のコラム一覧へ

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.09.10
セミナー情報 【実務家FPによる CFP®試験対策講座(金融)】、【実務家FPによる CFP®試験対策講座(不動産)】 をUPしました。
詳しくはコチラ
2018.09.06
北海道で発生した地震の影響により被害を受けられました皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
2018.09.05
台風21号の影響により被害を受けられました皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション