ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

高齢期の介護とすまい

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    2013年 第12回 自立者がくらすシニアのすまい

    有料老人ホームは安心だけど食事時間が決まっているなど集団生活で堅苦しいので、自由にマイペースでいきたい。そんな自立の人や軽介護の人がくらしやすいような工夫が施されたすまいが、今注目のサービス付き高齢者向け住宅とシニア分譲マンションです。

    担当
    岡本 典子
  • テーマ
    2013年 第11回 有料老人ホームの費用

    有料老人ホームは入居一時金が数千万円から数億円かかる高い施設がありますが、最近は入居一時金ゼロという施設も増えてきています。しかし、入居一時金が安い施設は月額費用が高いところもあります。有料老人ホームの費用は入居一時金と月額費用を併せて考えていく必要があります。

    担当
    岡本 典子
  • テーマ
    2013年 第10回 有料老人ホームの種類

    最期まで介護が付いていて安心してくらせる施設は?というと、有料老人ホームが浮かぶ人が多いでしょう。しかし、有料老人ホームには3タイプあり、すべてに介護が付いている訳ではありません。

    担当
    岡本 典子
  • テーマ
    2013年 第9回 特別養護老人ホーム

    『介護保険3施設』の一つで、高齢者施設において人気No.1なのが「特養」(特別養護老人ホーム)です。申し込みをしてもなかなかすぐには入れず、2~3年待ち、200~300人の待機者あり~という話をよく耳にします。その「特養」とはどういう施設なのか、みていきましょう!

    担当
    岡本 典子
  • テーマ
    2013年 第8回 高齢者施設の種類と特徴

    高齢期になり、自宅から移り住む高齢者施設、住宅は種類が多く、見分けがつきにくいものです。今回は2つの観点から分類し、それぞれの特徴を見ていきます。

    担当
    岡本 典子
  • テーマ
    2013年 第7回 在宅介護・施設介護

    介護を受けるようになったら、在宅か施設か。それぞれの人の環境や考え方により異なりますが、今回は両者のメリット・デメリットなど基本となるところを探っていきます。

    担当
    岡本 典子
  • テーマ
    2013年 第6回 在宅介護の限界

    介護保険制度では、要介護度別に介護保険サービスを1割負担で使える限度が決められています。それを超えると10割、つまり全額自己負担となるため、多くの場合、限度額内のサービスですまそうと考えます。では、1割負担分だけで充分な介護が受けられるのでしょうか?

    担当
    岡本 典子
  • テーマ
    2013年 第5回 介護保険の利用法

    2000年に介護保険制度が創設され、利用者数は年々増え続け、現在では500万人を超えています。さまざまな介護サービスが用意されていますが、上手に利用することができれば家族の身体的、精神的、経済的負担が軽減されていきます。介護保険制度の利用にあたりそのポイントを見ていきます。

    担当
    岡本 典子
  • テーマ
    2013年 第4回 介護保険サービス

    要介護認定を受けると、介護保険を使って1割負担で利用できる介護サービスがたくさんあります。具体的にどんなサービスが用意されているのでしょうか。

    担当
    岡本 典子
  • テーマ
    2013年 第3回 介護保険制度の概要

    団塊世代が続々と65歳を迎え、長寿化も進み、高齢化率がますます高くなる傾向です。世帯構成では、高齢者のいる世帯の半数以上が高齢者夫婦のみ世帯、おひとりさま高齢者世帯となり、介護保険の利用が増えています。

    担当
    岡本 典子
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2019.01.15
【講演会のご案内】
登録メンバーの 佐藤益弘氏 が、2月8日(金) に 毎日新聞主催 朝日新聞後援「今考えたい!後悔しない土地活用 賃貸住宅経営のリスクと対策セミナー」にて講演を行います。
2019.01.01
【新年のご挨拶】
2019年・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
マイアドバイザーもサイト誕生から14年(現在の体制になり12年目)になりました。
今年は元旦より、運営者である㈱優益FPオフィスの佐藤益弘氏が朝日新聞の誌上にてコメントをの弁させて頂いております。
今年のテーマは「変化」です。出来るだけ早く新たなフィールドに進めるよう精進しますので、ご期待下さい。
今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2018.12.29
【年末のご挨拶】
2018年・・・今年1年、マイアドバイザーをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。感謝申し上げます。
今年はマイアドバイザーにとっては、熟考し、正直あまり動く事ができなかった一年でした。
そんな中、総PV(ページビュー)数が「4,000万PV」に達成し、また、閲覧総数(ユニークユーザー数)も700万人に達成することができました。
SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしてきて、12年。
登録者の入れ替わりが進む中、倫理面が重視される昨今の世の中で、多くのみなさんに支持頂いているようで、感謝の言葉しかありません。
そんなマイアドバイザーですが、来年以降も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。 また、来年!
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション