ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

それぞれの終活をプランすること

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    2014年 第7回 終活を後押ししてくれるアドバイザー

    一回しかない人生。生まれてから今までのたくさんの「初めての体験」をしてきました。 ひとりで「何か」ができるようになるのは3歳の頃ですが、そのころの体験は全てがワクワクドキドキでした。
    子供の時には楽しかった「初めて」も、年齢を重ねると不安になります。子供の時は戸惑っている私達に年長者がやさしく見守って手を差し伸べてくれましたが、そういう人がいるとは限りませんから。そんな時にファイナンシャルプランナーは結構役に立ちます

    担当
    山根 裕子
  • テーマ
    2014年 第6回 エンディングノートを考える~その2

    終活セミナーに行くとほぼすべてのセミナーに「エンディングノートを作成する」という項目があります。前回は、エンディングノートのとらえ方や書く内容をみてきました。今回はいつどのように書くのかをみていきます。

    担当
    山根 裕子
  • テーマ
    2014年 第5回 エンディングノートを考える~その1

    終活セミナーに行くとほぼすべてのセミナーに「エンディングノートを作成する」という項目があります。前々回のコラムで「遺言」のことを書きましたが、エンディングノートの持つ役割やスタイルについて整理してみたいと思います。

    担当
    山根 裕子
  • テーマ
    2014年 第4回 相続税2015年問題

    相続税の申告について来年2015年から大きな変更があるということで「今まで相続税とは無縁だったあなたも相続税について考えましょう」とあちこちでセミナーが開かれています。 昨年まで相続税を納めることになったのは相続全体のうち数%でした。これが今後、都市部では15パーセントとも20パーセントとも言われています。 あらためて、相続税についての基本の考え方と、これを理解しておいた方がよいのはどんなケースかをまとめてみました。

    担当
    山根 裕子
  • テーマ
    2014年 第3回 遺言は書いたほうがよいのか

    相続の揉め事というのは我が家には関係ない。とおっしゃる方もたくさんおられます。 「我が家は家族が仲が良いので相続が起きてもみんなでちゃんとやってくれる。」あるいは「うちには財産がないから揉めようがない。」と言われますが、仲が良いのは家族をまとめる重石になる方がいるからですし、財産がないと言っても、本当に何もない人はほんの少しです。 遺言をぜひ書いたほうがよい人はどんな人か、どのように遺言を書いたらよいのかをまとめてみました。

    担当
    山根 裕子
  • テーマ
    2014年 第2回 「相続」ということ~遺産相続の基礎知識~

    「相続」と一言で言いますが、様々な事が含まれています。一度に考えようとするととても広範囲になってしまいます。相続にはいろいろな立場の関係者が登場します。それぞれの立ち位置によって望ましい相続は異なることもあります。ご家庭ごとに事情は違いますから相続には誰にも共通する「正解」はありません。事前にわかっていればできること、できないことなど、整理をしながら説明していきます。

    担当
    山根 裕子
  • テーマ
    2014年 第1回 終活を考える

    「終活」最近とてもよく目にします。2011年3月11日の東日本大震災以来、今までは目をそむけて密やかにされていた「人生の終焉」にまつわる様々なことと向き合ってみようという行動が増えてきました。「終活」はお葬式だけの話ではないのです。
    医療、介護、遺言、相続、葬儀、お墓など、人生の終焉の場面で登場する多くの問題を先延ばしにして漠然とした不安を持っているよりは、元気なうちにそういった問題と取り組んで、必ず終わりの来る人生を安心して過ごしていこうというのが「終活」です。6回に分けて、お話していこうと思います。

    担当
    山根 裕子
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2019.01.15
【講演会のご案内】
登録メンバーの 佐藤益弘氏 が、2月8日(金) に 毎日新聞主催 朝日新聞後援「今考えたい!後悔しない土地活用 賃貸住宅経営のリスクと対策セミナー」にて講演を行います。
2019.01.01
【新年のご挨拶】
2019年・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
マイアドバイザーもサイト誕生から14年(現在の体制になり12年目)になりました。
今年は元旦より、運営者である㈱優益FPオフィスの佐藤益弘氏が朝日新聞の誌上にてコメントをの弁させて頂いております。
今年のテーマは「変化」です。出来るだけ早く新たなフィールドに進めるよう精進しますので、ご期待下さい。
今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2018.12.29
【年末のご挨拶】
2018年・・・今年1年、マイアドバイザーをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。感謝申し上げます。
今年はマイアドバイザーにとっては、熟考し、正直あまり動く事ができなかった一年でした。
そんな中、総PV(ページビュー)数が「4,000万PV」に達成し、また、閲覧総数(ユニークユーザー数)も700万人に達成することができました。
SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしてきて、12年。
登録者の入れ替わりが進む中、倫理面が重視される昨今の世の中で、多くのみなさんに支持頂いているようで、感謝の言葉しかありません。
そんなマイアドバイザーですが、来年以降も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。 また、来年!
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション