ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

がんばる転勤族の妻たちが「お金」をもっと好きになるお話

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    2016年 第12回 個人型確定拠出年金(iDeCo)は理解して使おう-後編:お金の流れ編

    2017年1月から個人型確定拠出年金(以下、iDeCo:イデコ)は制度改正により、利用対象者が拡げられることで注目されています。第11回ではiDeCoの制度の内容についてお伝えしました。今回は、iDeCo加入から受け取りまでのなかで、自分で判断しなければならない4つのターニングポイントとその注意点を見ていきます。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第11回 個人型確定拠出年金(iDeCo)は理解して使おう-前半:制度内容編

    来年1月から個人型確定拠出年金(以下、iDeCo:イデコ)は制度改正により、利用対象者が拡げられることで注目されています。これまで一部の人しか利用できなかった制度が、新たに専業主婦や公務員、企業年金のある会社員(一部除く)も加入できるようになります。iDeCoは老後資金を積み立てる有効な手段ですが、注意点もあります。当月のコラムでは前編として制度の内容を、来月は後編として複数のケースで具体的な運用、受け取りの流れをつかんでいきましょう。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第10回 教育資金の上手な準備の方法

    前回は教育資金に必要な金額を見ていきました。では、さまざまな支出が多いなか教育資金まで準備するにはどのようにしたら良いのでしょうか。前もって計画的にしておけば、いざというときに慌てずにすみます。教育資金の上手な準備の方法をお伝えします。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第9回 転勤族家庭の教育費、いくらかかる?

    教育費は人生三大資金の一つ。最近は推薦入試・AO入試を受ける人も増え、秋には前倒しで入学金準備が必要になることがあります。教育費は計画通りいかないものですが、なかでも住まいが安定しない転勤族は先が見えにくいです。だからこそ、子どもを含めて教育資金の計画を立てることが重要です。転勤族家庭における教育費がどのくらいかかるのか、見ていきます。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第8回 私の老後のお金はどうなるの?転勤族妻のお金の貯め方

    転勤族の妻は夫の転居により仕事が安定しにくいです。一方で、国からもらえる年金は働き方によって金額が違うことはご存じですか?働き方の選択肢が限定されやすい転勤族の妻だからこそ、将来の備えはしっかりしておきたいところです。セカンドライフを楽しむためのお金の貯め方をお伝えします。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第7回 夏休みで変わる!お金との付き合い方

    8月は夏休みですね。転勤族の妻の皆さんは、日頃は仕事や家事で忙しいなか「お金」のことを考えることが難しいかもしれません。ついついお金を使いすぎてしまう夏休みですが「お金」との付き合い方を変えるチャンスの時期でもあります。今回は、夏休みに取り組みたい3つのことをお伝えします。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第6回 家計管理の第一歩!銀行の預け方

    6月は多くの会社員にとってボーナスの時期ですが、この夏のボーナスは皆さん現在どこに預けてありますか?収入をしっかり貯蓄にするには銀行への預け方がポイントになります。今回は家計管理の第一歩として、銀行への預け方をお伝えします。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第5回 辞めた理由によって違う!失業手当のしくみ

    夫の転勤や自身の転職などの理由で仕事を辞めたときに、次の就職まで家計を助けてくれる「失業手当」。失業手当は仕事を辞めた理由によって給付内容に違いがあることをご存じでしょうか。働いているときから知っておきたい失業手当の給付のしくみを見ていきます。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第4回 旅行積立は出口に注意!今の金利より生涯のライフプランを

    マイナス金利の影響により、預金金利が下がっています。銀行に預けていても増えないと考え、タンス預金ならぬ自宅の金庫預金を始める人もいるようです。そのようななか、今、「旅行積立」の金利が高く注目を浴びてきています。しかし「旅行積立」には金利に隠されたデメリットもあるので注意が必要です。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第3回 利息をもらって住宅ローンを借りる?サラリーマンの節税対策

    マイナス金利の影響により、住宅ローン金利が下がっています。 住宅ローンと言えば、サラリーマンにできる節税対策の一つとして「住宅ローン控除」がありますね。実は住宅ローンの低金利が進むと、支払う利息より還付される税金が増えることがあります。この「住宅ローン控除」はどのような仕組みなのでしょうか。

    担当
    松原 季恵
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.12.06
【ご報告】 2018年12月4日、マイアドバイザーは、閲覧総数(ユニークユーザー数)700万人を達成することができました。 SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしています。 倫理面が重視される世の中で、特に、ここ数年は大変多くの勉強をさせて頂いており、閲覧頂いてみなさん、また、現在関わってくれているみなさんももちろんですが、以前関わって頂いていたみなさんにも感謝で一杯です。 今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。 マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘
2018.09.10
セミナー情報 【実務家FPによる CFP®試験対策講座(金融)】、【実務家FPによる CFP®試験対策講座(不動産)】 をUPしました。
詳しくはコチラ
2018.09.06
北海道で発生した地震の影響により被害を受けられました皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション