ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

山下 修一コラム一覧
⇒プロフィール

[住宅資金・FP相談の現場から] 2014年 第6回 単身世帯の住宅資金計画

住宅資金のご相談を受ける中、ここ最近5~6年で顕著に見られる傾向として、単身者が購入されるケースが増えてきたことです。そのうち8割超が30~40代シングル女性のマンション購入となっています。女性の社会進出や晩婚化が進んだためと考えられますが、人生で一番高い買い物(不動産取引)を女性1人で考えるリスクは避けたい、売り手側の論理に乗せられてはいないかと心配される理由があり、専門家のもとへ来られるようです。
では単身世帯の住宅資金計画をどのように考えていけば良いのでしょうか?
あまりにも簡単に考えてしまうと、後々の人生にとって重荷になってしまう可能性を十分はらんでいます。30~40代シングル女性のケースに焦点を当ててお伝えいたします。 ⇒本文はこちら

[住宅資金・FP相談の現場から] 2014年 第5回 子育て世帯の住宅資金計画

住宅取得で最も多い年代といえば30代、次に40代です。中でも30代は結婚・子育てとライフイベントがメジロ押しです。 人生の三大資金と言えば、いわずもがな住宅資金・教育資金・老後資金と言われています。 そして子育て世帯となると二大資金を並行してやり繰りしながら人生を過ごすことになります。 そこでの見極めと支出のバランスを誤ってしまうと、どちらも行き詰ってしまう可能性も孕んでいます。今回は「子育て世帯」または「子育て予定世帯」向けに住宅資金計画を立てる上での重要なポイントをお伝えしたいと思います。 ⇒本文はこちら

[住宅資金・FP相談の現場から] 2014年 第4回 一戸建て購入での住宅資金計画

住宅資金はどんな物件を購入するかにより資金計画が変わってきます。
購入前後、および、入居後に掛かる項目を想定したお金をライフプランに組み込んで展望してみることが大切です。前回は「マンション」購入者向けのお資金計画を解説させていただきました。今回は「一戸建て」を購入される方向けに資金計画のポイントと最も注意しておくべき点をお伝えしたいと思います。 ⇒本文はこちら

[住宅資金・FP相談の現場から] 2014年 第3回 マンション購入での住宅資金計画

住宅資金はどんな物件を購入するかにより資金計画が変わってきます。
購入前後、および、入居後に掛かる項目を想定したお金をライフプランに組み込んで展望してみることが大切です。物件の種類は「マンション」と「一戸建て」に大きく分かれますが、今回はマンションを購入される方向けに資金計画のポイントや注意しておくべき点をお伝えしたいと思います。 ⇒本文はこちら

[住宅資金・FP相談の現場から] 2014年 第2回 住宅ローン選びの意義とポイント

前回は人生資金の中で住宅購入資金の考え方についてお話しました。 実際にライフプランを立てることによって、住宅を購入した場合の人生資金を展望してみることは大切なことだと思います。
今回は、住宅を購入する方のほとんどが利用する「住宅ローン」についてお話してみたいと思います。 ⇒本文はこちら

[住宅資金・FP相談の現場から] 2014年 第1回 人生資金と住宅購入資金

人生の3大支出と言われるのが「住宅資金」「教育資金」「老後資金」。
その中で「住宅資金」は1番目か2番目に直面するものです。また住宅資金については「賃貸派」か「持家派」かにより掛かる資金の規模・内容が変わってきます。このコラムでは「持家派」の住宅資金について見て行きたいと思います。 ⇒本文はこちら

⇒相談・スポットコラム一覧へもどる

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.07.15
【FP相談のご紹介】
私たち株式会社優益FPオフィスは保険や投資商品など金融商品の販売を一切行わない 独立系FP会社です。
個別相談を受けて、お金や人生の不安を安心に変えませんか?
まずは、相談例とお客さまの感想をご覧下さい。詳しくはコチラ
2018.07.01
【ご報告】
6月25日、マイアドバイザーは、開設以来の総PV(ページビュー)数が「3,500万PV」に達成しました。
昨今、倫理面が重視される中で、永年、その倫理面を重視した運営を行ってきたい成果と認識しております。
特に、ここ2018年上半期に関しては、大変多くのみなさんに見て頂いておりまして、月平均80万PV超になっております。
これもSEO対策などweb上での誘導施策を行わず、「顧客利益優先」原則に基づき、倫理面について問題ないと認定できる実務家FPが情報提供をさせていただだいている賜物だと感じております。
大変感謝しております。
今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘
2018.06.01
【ご報告】 5月30日、マイアドバイザーは、閲覧総数(ユニークユーザー数)600万人を達成することができました。 4月から新体制の下、再スタートさせて頂いていますが、今後もSEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしています。 また、実務家FPとして業務上の倫理違反が無きよう活動して参ります。 今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。 マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション