ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

菅野 美和子コラム一覧
⇒プロフィール

[一番やさしい年金のはなし] 第6回 学生時代の国民年金

20歳になると、学生であっても国民年金に加入しなければなりません。国民年金へは強制加入で、保険料の納付義務も発生します。しかし、収入のない学生にとって保険料は負担になりますね。そこで、保険料を払うのが困難な学生のために、学生納付特例制度があります。しかし、よくわからないままに制度を利用していることもあるのでは? 将来、後悔しないために、制度の内容を理解しましょう。 ⇒本文はこちら

[一番やさしい年金のはなし] 第5回 老後の年金を増やす方法

毎年、誕生月にねんきん定期便が送られてくるので、今では自分の年金見込額をたやすく把握できるようになっています。ただし、ため息も聞こえます。年金額はこの程度のものなのか、この年金だけでは暮らせないと。そのため、年金額を増やせるものなら増やしたいと考える人も多いです。今回は、少しでも年金額を増やす方法をお話しします。 ⇒本文はこちら

[一番やさしい年金のはなし] 第4回 年金を早くもらうか、遅くもらうか

公的年金制度において、老後の年金の受け取り開始年齢は、加入していた年金制度や生年月日によって決まっています。ただし、本来の支給開始年齢より繰り上げて早くもらうことも、繰り下げて遅くもらうこともできます。早くもらった方が得? それとも遅くもらった方が得? 誰もが迷うところです。それぞれのメリット・デメリットを理解すると自分にとってよい選択ができます。 ⇒本文はこちら

[一番やさしい年金のはなし] 2017年 第3回 10年でもらえる年金

2017年8月から、「10年でもらえる年金」がスタートします。これまで老後の年金をもらうには、保険料を納めるなどの準備期間が原則25年必要でしたが、10年に短縮されます。今まで期間不足でもらえなかった人も、10年を満たしていれば8月以降(9月分から)年金をもらえるようになります。関係ないと思っているあなたにも関係があるかもしれません。 ⇒本文はこちら

[一番やさしい年金のはなし] 2017年 第2回 パートとしての働き方と年金

2016年10月から大企業で働くパートタイマーに対する健康保険・厚生年金の加入が拡大されました。2017年4月からは、事業主とそこで働く人の2分の1以上の同意が得られれば中小企業で働くパートタイマーも加入となります。パートタイマーの加入の範囲が拡大され、「106万円の壁」ができたと言われています。健康保険や厚生年金の加入をめぐって、106万円、130万円といった壁がありますが、その内容にやさしく迫ります。 ⇒本文はこちら

[一番やさしい年金のはなし] 2017年 第1回 60歳以降の働き方と年金・雇用保険

老齢厚生年金の支給開始年齢は生年月日によってだんだんと遅れていきます。65歳前に年金がもらえない、あるいは65歳前に年金がもらえる人も年金だけでは生活できないということで、働き続ける人はさらに増えていくでしょう。そこで60歳以降の働き方と年金や雇用保険についてお話しします。 ⇒本文はこちら

[退職を考えたときに読むコラム] 2016年 第6回 定年前後の退職

定年が近づくと、いつまで働くかと迷うことが多いようです。退職後の生活への不安、年金額への不安などにより、少しでも長く働くことを検討する一方、仕事から解放されたい気持ちなどもあり、いろいろな思いが交錯します。退職後のお金に対する不安を少しでも解決できるように、ポイントをまとめてみます。 ⇒本文はこちら

[退職を考えたときに読むコラム] 2016年 第5回 退職後の年金手続き

会社にお勤めしている間は、健康保険料や厚生年金保険料は自動的に給与から控除されるので、あまり考えることはないかもしれません。退職後、病気になると困るから、健康保険についてはすぐに手続きするでしょう。しかし、年金については後回しになってしまうことが多いのでは? 退職後の年金の手続きも大切です。 ⇒本文はこちら

[退職を考えたときに読むコラム] 2016年 第4回 退職時に知っておきたい労働法

人生で何度か退職を考えるときがあると思います。仕事が合わない、人間関係に不満がある、会社が倒産したなど不本意な退職もあるでしょうが、夢を実現するための退職もあります。新しいスタートを切るために、退職をめぐる法律やルールを知っておくことも大切です。 ⇒本文はこちら

[退職を考えたときに読むコラム] 2016年 第3回 病気で退職するときに

健康が一番と言われますが、元気にやりたい仕事ができることは幸せなことですね。人間関係も良好で、会社に不満もないのに、突然の病気で仕事を続けられなくなることは、誰にでも考えられます。病気退職には、通常の退職以上にさまざまな不安が生じます。少しでも不安をなくし生活できるように、知っておきたいことがあります。 ⇒本文はこちら

⇒相談・スポットコラム一覧へもどる

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.09.10
セミナー情報 【実務家FPによる CFP®試験対策講座(金融)】、【実務家FPによる CFP®試験対策講座(不動産)】 をUPしました。
詳しくはコチラ
2018.09.06
北海道で発生した地震の影響により被害を受けられました皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
2018.09.05
台風21号の影響により被害を受けられました皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション